FC2ブログ

第二の母国 タイ王国 その1 チャイナタウンに美味いものあり!

トップにタイのことを書くブログと謳いながら、ずっと触れてなかったので、今日はタイについて書いてみます。


もう記憶も定かではないが、初めてタイ王国へ旅したのは8年くらい前だろうか。
キックボクシングジムの仲間と共に、サービスがよいと評判のシンガポール航空のシンガポール経由便で11時間(笑)かけて行ったのだった(この当時は、SQのバンコク直行便がなかった)。

ドンムアン空港につくと、なんともいえぬタイのにおい!
ナンプラーや、ドリアン、排気ガス、汚水のにおいがブレンドされたような空気。
しかし、この空気が、アドレナリンを増幅させる。

到着口を出ると、黒山のような雲助たち(怪しい客引きのこと)があふれて、口々に「タクシー!」「ホテル!」と叫んでいる。
空港のいたるところには、迷彩服のアサルトライフルを持った兵士たち。

宿へ行こうと、乗ったタクシーは、カローラをどうやったらこんなにボロボロにできるのかとゆうくらい古い。
たいしてスピードを出してなくても、すごいスピード感を感じる。

夜の高速道路から見える、なんとも見たことのない町並み、タイ語の看板。
宿のあるヤワラー(チャイナタウン)につくと、ものすごいケバイネオン。
そしてスコール。
もう、「ブレードランナー」の世界です。
img092_convert_20090722043422.jpg

タクシーを降りたら、目の前にはボロボロな格好のジャンキーが荷物一式もってニヤニヤしてる。
ヤバイ町だ。

ホテルにチェックインして、日本に電話しようかと思ったが、繋がらない。
シャワーをあびたら、日なた水みたいなのしか出ない。
しかも赤い水。
窓がちゃんと閉まらない。
布団がかび臭い。
外に出て、公衆電話で国際電話をしようとしたら、シンガポールと香港にしか繋がらない公衆電話。

しかし、この後タイにはまるきっかけになったのは、この店に行ったからです。
img091_convert_20090722043353.jpg
ホテルの隣にある、「興利魚翔」とゆうお店。
魚翔とは、フカヒレスープのこと。
チャイナタウンは、華僑の町なので、中華、とくに香港など南方の中華料理のタイ風みたいなものが多いのです。
このフカヒレスープが、ひとつ300バーツ(900円弱)。
日本で考えられない安さ!
しかし、タイ人にとっては、相当高級だ。
姿煮のフカヒレじゃなくて、乾物のバラバラのやつをシイタケダシスープで煮込んで、こんな入れ物に入れて出てくる。
img088_convert_20090722043206.jpg
ここに生のもやしやネギやパクチをこれでもか!といれて、コショウを入れていただく。

もう絶品です!
日本にない味です!

白いご飯にかけて食べるもよし。
カニチャーハンにかけて、あんかけにしてもよし!
113_convert_20090722043818.jpg

どんなに食欲がなくても、これを食べて、汗だくになると、またアドレナリンが出てきます。

バンコクに着くと、まずここのフカヒレを食べに行く。
帰るときも、ここで食べてから飛行機に乗る。

冒頭の写真のおばちゃんが、タイ語も中国語もわからない自分たちに、あれ食べる?これ食べる
と世話を焼いてくれる。
どんなに久々に行っても、覚えてて、遠くから手招きしてくれる。
とにかくよく働く、商売上手。
もうバンコクのお母さんです(笑)
あまりお世話になるので、かなり前に絵を描いて、パウチして持っていって、店に飾ってもらいました。
27982608_38.jpg
しばらくは飾ってたみたいですが、次行ったらありませんでした(笑)
もって帰ったのかな?

しかし、この間店に行ったら、おばちゃんがいない!
聞いたら、腰の具合が悪くて引退したもよう。
すっごい残念・・・・やっぱりこの店は、フカヒレ+おばちゃんだったんだな~と改めて実感。

ヤワラーには、ほかにもフカヒレ屋がたくさんあるんですが、やっぱりここの店が一番うまいです。


この店の裏手の路地にも、隠れた名店が・・・
145_convert_20090722043645.jpg
144_convert_20090722043601.jpg
牛スープ屋です。
牛肉の脂身や赤身をとろとろに煮込んだスープでご飯を食べたり、麺を入れてもらたり。
麺は、バーミー(黄色い小麦麺)、センミー(米の細めん)、センレック(米・中太麺)、センヤイ(米・太い平麺)が選べます。
ここへ行くと、3杯~4杯は食べます(笑)
しかも1杯30バーツくらいだから、安い!
11時くらいから開店して、昼過ぎには売り切れです。

バンコクに行ったら、この二つの店ははずせません!!





スポンサーサイト



テーマ : 雑記 - ジャンル : サブカル

コメント

フカヒレ屋さんの場所について

はじめまして。名魅と申します。

フカヒレ屋さんのフカヒレとても美味しそうですね☆

タイでフカヒレを食べたことがないので、ぜひ食べてみたいです。

もしよろしければ、ヤワラーのどこにあるか教えていただきたいです。

No title

はじめまして。
フカヒレ屋ですが、ヤワラー通りに「ホワイト・オーキッド・ホテル」とゆうホテルがあります。そこを目印にしてください。
ホテルに向き合って、右手にフカヒレ屋があります。
オレンジ色のポロシャツの店員がいるところで、名前が「興利魚翔」です。
この店が休みのとき、他の店のフカヒレも食べたことあるんですが、やっぱりここが一番美味しいですよ!

はじめまして。

はじめまして。
ユートラベルノートの増谷と申します。
ブログ楽しく拝見させていただきました。
ふかひれスープ!美味しそうですね!!!味が深そうです。実は、この記事を見て、わたしたちのサイト「ユートラベルノート」にもぜひ、このような生の海外情報が欲しいと思い、ご連絡させていただきました。
ユートラベルノートでは国内・海外に関するブログや情報を集めてみなさんの旅行に役立つ記事を作っています。 今までは「韓国」についてブロガーの方に登録して頂き、一緒に記事を作ってまいりました。
今後は世界に拡大し、国内はもちろん、タイの記事もどんどん作っていく予定です。
ぜひ一度、気軽に遊びにきてください。

No title

ユートラベルノート様
はじめまして。
機会がありましたら投稿させていただきます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する