FC2ブログ

挌闘伝説ムエタイ in フェアテックス パタヤ

さて、今回も年甲斐もなくムエタイ練習してきました。
韓国人の若い選手たちがけっこう来てました。
いまだにここで日本人の選手を見てません(笑)
やっぱレッスンフィー高めだからか?

日本の、とくに新空手系の選手には、ぜひムエタイの修行をしていただきたい。
パンチとローキックとテンカオだけではない、あののらりくらりとしたリズムなのに主導権を握っていくあの試合巧者ぶりを見習ってほしい。
でないと、ムエタイのトップクラスにはまずかなわないでしょう。
後楽園ホールへ行くたびにそう思います。

最近は、ヨーセングライしか見かけないのですが、他の選手は遠征中?
それとも、バンコクのフェアテックスに行ってるのか?

ヨーセングライは重量級選手で、タイ国内には相手がいないので、ヨーロッパが主戦場のようです。
パンチの連打はド迫力。
YodsaenklaiFairtex.jpg

トレーナーはヘッドコーチのトゥクさん。
体の大きさといい、顔つきといい、ラッシャー木村そっくりです。

前回来た時は、トゥクさんにミット持ってもらいましたが、死ぬほどきつかった(笑)
やはり60キロの人のミットより、90キロの人のミット蹴るほうが何倍もエネルギー使います。

今回も動画を撮ったので、YOUTUBEにアップしました。
トレーナーが蹴り返したり、それを捌いたり、さらに返したりとさながらマススパーのようなミット打ち。
将来ミット持ちになりたい私としては、とても勉強になります。

↓クリックすると、動画が見れます。

ヨーセングライ ミットトレーニング その1 

ヨーセングライ ミットトレーニング その2

ヨーセングライ パンチングミット トレーニング

途中で日本語が入るのは、ここのマネージャーが日本語ぺらぺらなので、「もう入ったの?」と聞いてます。


この後、サンドバッグの蹴り方や、韓国の子たちと首相撲のレクチャーを受けたり、いろいろ学ぶことがありました。
韓国の子たちは、まったく首相撲を知らないようでした。
私は、今まで知らなかった捌き方、崩し方や、組み方のチェックをしてもらいました。


ヨーセングライはパンチ強いので、日本でK-1MAXに出てほしい選手ですが、見た目が・・・(笑)
農家の次男坊っぽいので、谷川Pがしきってるうちは無理かな~。
魔裟斗がMAXしきるようになったら、ぜひ実力重視でやってほしいものです。
スポンサーサイト



テーマ : 雑記 - ジャンル : サブカル

コメント

今年もよろしくお願します
大変参考になります
今度、某格闘家に試してみようかと思います

Re: タイトルなし

今年もよろしくお願いします。
なかなかジム行けませんが(寒くて?)
かなり首肩よくなってきたら、今度は腰にもきて、年だな~と思います。

プロ選手の場合、ミットはミット、スパーリングはスパーリング、じゃなくて、ミット打ちさせながらも、トレーナーも蹴り返したり、打ち返したりして、マスとミットの中間のような、反応も磨いていくような練習をしていったほうがいいのかな~と思いました。
でないと、スパーリングパートナーは身がもたない(笑)
最初に打ちこみ、蹴りこみを2Rやって、トレーナーが返していくようなミットを2R、パンチングミット1Rの計5Rくらいがバランスいいのかな~と。
プロ選手なら、4分×5Rは最低限やるべきだと思います。

某格闘家をしごいてやってください(笑)





> 今年もよろしくお願します
> 大変参考になります
> 今度、某格闘家に試してみようかと思います
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する