FC2ブログ

謹賀新年



あけましておめでとうございます。

年末にタイへいってました。
三日間は走ったり、泳いだり、筋トレしたり、ムエタイジム行ったり、元気だったんですが、急に咳と高熱が出て、「新型か?!」と思ったら、タイの風邪薬飲んだら即効熱下がりました。
1日半くらいはおとなしくしてましたが、画材を持っていったので、この年賀状の絵を描き上げました。
タイで描いた絵です、まったくタイらしくないけど。
タイまで行って何してんだか、って感じですね。

パタヤの世界一おいしいカオマンガイ&赤いラーメン屋がまたやってて嬉しかったです。
本当においしくて泣きそうになりました。

ラカン寺で煩悩について瞑想していました。
いろいろ気づくこともありましたが、またブログで詳しく書いていきます。

年賀状いただいた方にはこのダークな年賀状を発送してますので、もう少しお待ちください。

ということで、本年もよろしくお願いします。

テーマ : 雑記 - ジャンル : サブカル

LOVEずっきゅーん♪

久しぶりに若者たち(笑)とカラオケに行って、明け方の薄れゆく意識の中で聞いた曲が耳から離れず、思わずYOUTUBEで探してしまいました。

相対性理論
このバンド三年くらい前からやってるんですね~。
全然知らんかった・・・・
熱でうなされた子供が、自分の知ってる言葉をノートに殴り書きして、それを歌にしてるようなおかしさがあって最初は「なんだこりゃ?」って感じなのに、聴いてるうちに「・・・これって名曲かも!?」って思えてきてしまう不思議な曲が多い。
新しいようで、曲調がなんかなつかしい感じ。
なんとなくせつない感じで、さらにボーカルの女の子の声が儚げで、胸がきゅんとなります。

まさに「LOVEずっきゅーん」です。

o0375042610249958284.jpg
ボーカルのやくしまるえつこ


YOUTUBEのリンクを貼っておきましたので、お時間のあるときぜひ。


LOVEずっきゅん


テレ東


地獄先生


学級崩壊


バーモント・キッス


早速アマゾンでCD買ってしまいました。
シフォン主義シフォン主義
(2008/05/08)
相対性理論

商品詳細を見る


ハイファイ新書ハイファイ新書
(2009/01/07)
相対性理論

商品詳細を見る



久々にライブに行きたい、と思うバンドが出てきました

テーマ : 雑記 - ジャンル : サブカル

座右の銘

最近余裕のない生活をしていませんか?
私も仕事仕事で、あまり絵を描く時間・体力・気力がイマイチです・・・・

こういうときに思い出すのが、塩竃市のガロ記念館へ行ったとき、水木しげる氏の描いた色紙の言葉を思い出してみたりします。
img167_convert_20091026052438.jpg
「なまけ者になりなさい」

この言葉を見て、最初は「そんなこと言っても、忙しいときは無理だよ」と思ったものですが、よくよく水木しげるの人生を振り返ったときに、真面目に国家の言うとおりに戦争に行き、水木氏本人は片腕を失い、戦友を無くした経験から、「そんなに人から言われたことを真に受けて、必要以上に真面目にやる必要はないんだよ」という意味なのでは?と思うようになりました。

水木しげるの漫画「総員玉砕せよ!」は、けして架空の話ではなく、水木氏の隣りの部隊の実話に基づいたお話とのことです。

ここで描かれている状況は、戦時中のお話というだけでは済まされないと思います。
戦時中も現代も、国家は無責任で、自分勝手なことをします。
一部の人間の利益のために、国益を損ねる政治家。
自分の利益のために、人の利益を損ねてもよい、としか考えない人。
お金をあまるほど持ちながら、中小企業には融資しないメガバンク。

学校では、真面目は美徳、というような教えをしているけど、本当にそうなのか?

この写真を見るたびに、果たして真面目すぎることは、よいことなのかどうか、疑問に思う今日このごろです。

自分の身を滅ぼす滅ぼすほどの、真面目さなんて、必要ないと思います。



37181523_1715348379_convert_20091127143549.jpg
この子はいつも怠け者です・・・・




テーマ : 雑記 - ジャンル : サブカル

アニマル・プラネット 和田堀公園編~セミの孵化

2年くらい前に買ったデジカメのデータを急にパソコンが読み取ってくれなくなり、しょうがなくカスタマーセンターに電話したところ、「お客さまの機種が手元にないため、同じ環境にするため少々お時間をくださいませ」と、とても丁寧な言葉で、暗に「あなたのデジカメはもう古いんだよ!」といわれてるかのような気持ちがして、ちょっとイラっとしました。

結局、いったいどこをどういじくったらこんな設定になってしまうのか?いままで正常に作動していたのに?というような状態になっていて、四苦八苦しながらやっと直りました。

親に「デジカメに変えなよ!」って言いましたが、自分がこれだけ苦労するようだと、とても高齢の親には勧められません・・・・・

・・・・とゆうようなことがあって、やっとデジカメのデータを取り出せましたので、今日は「セミの孵化」を載せてみます。

023_convert_20090818124059.jpg
でろーん。
生まれたばかりの姿。

025_convert_20090818124140.jpg
かわいいお目眼です。
まだ柔らかそう。

020_convert_20090818123952.jpg
きれいなグリーン。

017_convert_20090818123907.jpg
せみってこんな顔なんですね。

015_convert_20090818123834.jpg
アブラゼミだと思います。

夜、和田堀公園へ行くと、地中から這い出してきた無数のセミの幼虫が、孵化してる姿が見れます。
体が乾くまでは飛べないので、おとなしく写真をとらせてくれます。

「蝉は7年間も地中で過ごして、死ぬ前に地上に出てすぐ死んでしまう。かわいそう。」とゆう声を聞くことがありますが、それは地中にいる幼虫の姿が本来の姿で、繁殖するために地上で孵化してるのだと考えると、あながちかわいそうではないなぁ~と思います。

人生の絶頂期に死ぬのが幸せか?
それとも人生の絶頂期を終えて、老いさらばえて死ぬのが幸せか?
蝉の生き方は、哲学的なことを考えさせてくれます。

そして、短い地上での生涯なのに、殺戮を行うものがここに・・・・
4813478_804675085_convert_20090820104345.jpg

御礼申し上げます

昨日撤収も終わり、今回の展示を無事終了することができました。
遠いところたくさんの方にご覧いただきうれしく思います。
ありがとうございました。

今回、かなりタイトなスケジュールでの準備だったので、DMなどをお渡しすることができなくて、周知が徹底せず、ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫びいたします。
次回は、全描きおろしで、早めに周知いたしますので、どうかご容赦ください。
・・・次回がいつになるかはわかりませんが(笑)

ご来場いただいた皆さんに書いていただいた感想ノートは、宝物として大事に保管して、たまに引っ張り出してはニヤニヤしようと思います。
見ず知らずの方、お名前が書いてない方、この場を借りて、御礼を申し上げます。

私の展示で、お店の売り上げがガタ落ち!?かと思いきや、それなりの経済効果があったとのことで、一安心です。
東十条の方々は、キモい絵がお好きなんでしょうか?
おこじょの絵が売れそうな雰囲気だったと聞いて、「しまった!値札つけとけばよかった!」と悔やんでおります。

初日にかなり高齢のおばあちゃんが、「楽しい気持ちになる絵ねぇ~♪」と作者がいることも知らず言っていただけてとてもうれしかったです。
自分の絵が、人を楽しい気持ちにできるなんて・・・・思い出してはニヤニヤしてます。

惜しむらくは、東十条の有名もつ焼き屋の埼玉屋と新潟屋がお盆でお休みだったことでしょうか。
また、近いうちにリベンジしょうと思います。

最後にお店のおしゃれな雰囲気をぶち壊しにする展示を快く受け入れていただけた、Cafe Regenboogさんに御礼申し上げます。



今回は、写真や絵はなしです(笑)